妊婦に必須の葉酸は葉酸サプリで補おう【細胞の分裂や促進を助ける】

お腹

子供が欲しいと思ったら

産み分けは高い確率で行うことができるといわれています。性別は遺伝子により決定されます。X遺伝子は女子、Y遺伝子は男子です。X遺伝子は寿命が長く、酸性に強いです。Y遺伝子はその逆となっています。排卵日、膣内の酸性、アルカリ性の傾きなどを踏まえ、性交渉日を考えることが、産み分けに繋がります。

詳しく見る

服用

妊活に必要な栄養

妊活をサポートする妊活サプリは、葉酸や鉄、カルシウム、生姜など様々な種類があります。妊娠しやすい体作りのサポートの他、健康な子供を出産するためにも、妊娠を目指すと決めたら積極的に摂取すると良いでしょう。

詳しく見る

看護師

妊活をはじめましょう

健康な男女が一度の性交で妊娠する確率は20%程度です。妊娠するためには、卵子と精子の受精可能時間にも留意しタイミングを合わせなくてはなりません。妊娠を希望したら、排卵検査薬を使って排卵日を的確に予想することで妊娠の確率を上げることができます。

詳しく見る

サプリ

様々な効能があるビタミン

葉酸はビタミンB12とともに赤血球を作ったり、生活習慣病を予防する効果があります。また、細胞の生産や再生を助ける事により、美しい肌を保ったり、生まれてくる赤ちゃんの健康を守る働きがあります。葉酸サプリを摂取することで、全ての女性の健康を保つことができるのです。

詳しく見る

妊婦

手術や治療は不要

産み分けと言いますと大変な治療などを受けないといけないイメージがあります。実は夫婦間のちょっとした努力でどの夫婦でも行えます。精子に種類があり、それぞれを強める努力をすれば、希望の性別で産める確率がアップします。

詳しく見る

葉酸の効果的な摂取方法

サプリ

妊娠初期に必要な栄養素

最近、葉酸サプリのCMをテレビで見ますが、何故だかご存じでしょうか。葉酸は、遺伝子情報をもつDNAで構成された核酸の合成を助け、細胞の分裂や促進を助ける作用があります。つまり、受精卵が着床するまでの間に行う細胞分裂や、妊娠が成立してからの脳神経系の発達を助けてくれるというわけです。受精卵が着床するまでの細胞分裂は妊娠3から4週頃、脳神経系の発達は妊娠3か月頃までと言われています。しかし、妊娠したことに気づくのはどんなに早くても妊娠5週頃で、これは産婦人科に受診しても同じことです。これらのことから、葉酸は妊娠したいと思ったらすぐにでも摂取してほしいと言われています。葉酸の必要量は非妊時で240μgなのに対し、妊娠時は480μgと2倍もの量を必要とします。葉酸は緑黄色野菜やレバー、果物に多く含まれますが、葉酸は水に溶けやすいビタミンのため、食事で摂取しようと思っても調理の過程で流れでてしまったりするため、完全に補うことは難しいと言われています。そのため、サプリメントで効率よく摂取することが推奨されています。葉酸サプリは色々な種類がありますが、私は妊娠してつわりがあっても飲みやすい粒の大きさや臭いが少なく続けやすい価格の物を選びました。葉酸サプリは、カフェインやタンニンと一緒に摂取すると効果が下がってしまうため、コーヒーやお茶ではなく水で飲むようにします。また、抗炎症薬や抗生物質、抗てんかん薬の一部では薬の効果が下がってしまうものもあるため、医師に相談するようにしましょう。そして、大量に摂取すると、発疹が出たりするので書かれてある通りに飲んでください。葉酸サプリも葉酸同様水に溶けやすい性質から、一日分を一度に飲んでも尿から出ていってしまうため、1日量を朝、昼、夕と分けて飲むといいです。なるべく食間に飲むと吸収がいいですが、胃腸の弱い方は食後に飲むといいと思います。

Copyright© 2018 妊婦に必須の葉酸は葉酸サプリで補おう【細胞の分裂や促進を助ける】 All Rights Reserved.